シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 【朝霞市】一級塗装技能士ってどんな資格?

【朝霞市】一級塗装技能士ってどんな資格?

お役立ちブログ 2021.06.16 (Wed) 更新

こんにちは!

朝霞市を中心に外壁屋根塗装を行っております色武です(*^^*)

 

「一級塗装技能士」という資格をご存じですか?

こちら塗装に関する十分な技術と能力を有していることが認定されている厚生労働省による国家資格です。

学歴にもよりますが、塗装の実務経験が7年以上となって初めて受験資格が得られるものです。

7年以上の経験豊富な職人さんでも合格率は50%と難易度の高い資格となっています。

ちなみに二級塗装技能士の場合は2年の実務経験が必要です。

 

試験には学科と実技があります。

学科試験

塗装に関する、材料・色彩・関係法規などの質問に回答していきます。

実技試験

原点方式の採点法で100点満点中60点以上で合格です。

実技としてはベニヤ板にパテ塗り、けがき線、スプレー塗装、玉吹き、ヘッドカットなど行い仕上がりを判定します。

試験時間は5時間、受験者には2m×2mのスペースが与えられ

その床の養生から始まり、時間内に塗装だけでなく片付けまできちんと終わらせることが必要になります。

課題は図面と文章によって指定された条件をもとに塗装しなけれなならないので実務が7年以上とはいっても練習が必要になるようです。

なんだか聞いただけでも緊張しちゃいますね(^-^;

 

 

一級塗装技能士の資格を持っているというこは

知識や技術を客観的に証明されているということですので

お客様が塗装業者を選ぶ際には大きなポイントになるかと思います。

資格が絶対‼というわけでもありませんが

塗装業者を選ぶ際には一級技能士などの有資格者がいるかどうかも判断材料の一つにしてみてはいかがでしょうか。