シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 【朝霞市】雨樋塗装って本当に必要なの?

【朝霞市】雨樋塗装って本当に必要なの?

お役立ちブログ 2021.06.17 (Thu) 更新

こんにちは!朝霞市を中心に外壁屋根塗装を行っております色武です!(^^)!

 

とうとう梅雨に入りそうですね

雨天の日が続く憂鬱な季節です( ;∀;)ものも万全であることが多く、雨樋もその一つです。

 

雨樋の最大の役割は、雨水を集めて排水することです。
もし雨桶がなければ屋根に降り注いだ雨水は屋根全体から外壁伝いに流れ落ち、騒音の原因になったり排水の弱い部分に水が溜まり建物に様々な悪影響を及ぼすことも考えられます。

 

雨樋の素材は様々なものがあります

・塩化ビニル製(プラスチック) 軽量で施工がしやすい、安価

・アルミ製           丈夫で長持ち、高価

・ガルバニウム鋼板       アルミより耐久性は劣るものの費用が優良

・銅製             神社・仏閣などで使われている

 

さて、表題にもあるように雨樋に塗装は必要かどうか?

あえて塗装をしなくても寿命まで問題なく使えるのですが

やはり塗装は必要ではないかというのが結論です。

 

その理由としては

☆塗装することで劣化を少しでも遅らせたり、受けるダメージを軽減させることができる

☆塗装をしておくことによって劣化の発生が目に見えて分かる

☆外観の印象が変わる

 

塗装をしておけば表面の保護をするコーティングができますし、

コーティングしておくと、劣化が始まった時には剥がれてきたり色褪せてくるので分かりやすいです。

また、人目に触れる場所にあるのが雨樋ですので、

外壁を塗り直した際などは特に
建物全体の受ける印象も大きく変わってしまうことも考えられます。

 

雨桶は通常錆びにくい素材で出来ていますが塗装を行うことでそれらの進行を大幅に遅らせることも可能です。

雨樋を外壁と同じような色で合わせて塗装すれば建物全体に一体感が出ますし

全く違う色を使ってアクセントにすることもできます。

見た目の美しさを左右すると言っても過言ではないですね。

雨桶の塗装を行う必要性は低いですが、外観にこだわりたい方にとっては外せないポイントの一つではないでしょうか。