シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 断熱・遮熱塗料を利用したい部分って?(朝霞市 外壁塗装)

断熱・遮熱塗料を利用したい部分って?(朝霞市 外壁塗装)

お役立ちブログ 2021.04.15 (Thu) 更新

こんにちは!(^^)!

朝霞市を中心に外壁・屋根塗装を行っております色武です。

皆様が今お住まいの家には、断熱・遮熱のための工夫がされていますか?

という事で、断熱や遮熱を利用したい(おススメ)する部分をご紹介します!

とは言え、断熱や遮熱は費用が高額になるんではないの?と思われるでしょう。

もちろん外壁や屋根を貼り替えたりする断熱や遮熱の工事は、費用が高額になります。

どうするれば費用を抑え、その恩恵を受ける事ができるか・・・

それは・・・

断熱・遮熱の最も簡単な方法、それが塗料を使うことです!!
外壁や屋根を張り替えたりすることなく、断熱・遮熱効果を得られます。

しかし、どこをどの程度塗ればいいのかというのはわかりにくいものです。
家全体を同様に塗るのではなく、適材適所、ポイントを抑えた塗り方をすることで、お得に断熱・遮熱をすることができます。

では断熱・遮熱を利用したい部分はどこなのでしょうか??

まず、家の中でも特に温度の影響を受けやすい場所が挙げられます。
例えば屋根裏部屋です。
屋根裏部屋は屋根材を隔てているだけの場合もあり、また、屋根には直接陽射しが降り注いでいるので高温になりがちです。
冬は逆に冷気の影響が強く出ます。
しかし屋根裏部屋のすぐ上の屋根に断熱・遮熱塗料を施すことによって、屋根裏部屋が蒸し暑くなったり、あるいは寒すぎてしまうことを防ぐことができます。

他にも、日中強い日差しを受けて温度が上がりやすい外壁にも断熱・遮熱塗料を塗るのも良いでしょう。
夏場、熱い陽射しを受け続けた壁は、夜になっても熱を放出し続けます。
寝苦しい夜の原因は、暑くなった壁にあるかもしれません。

温度変化が少なくても、いかにその場所に長く居るかで塗料を使うかどうかを判断するのも賢明です。

※方位による面での塗料の性能を大幅に変える事はおススメしません。耐用年数や耐候性に差が発生してしまいます。

 

色武では、皆様のご自宅にあった塗料での塗装をご提案させて頂きますm(__)m

建物診断&お見積り作成までは無料でご対応させて頂いております。

是非お気軽に色武までお問合せください!!