シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 初めての外壁塗装の塗料の選び方(朝霞市 外壁塗装)

初めての外壁塗装の塗料の選び方(朝霞市 外壁塗装)

お役立ちブログ 2021.04.15 (Thu) 更新

こんにちは(^^♪

埼玉県朝霞市を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事行っている色武です。

本日は「外壁塗装の塗料の選び方」をお話させて頂きます。

初めて外壁塗装や屋根塗装をするときに、どういった塗料を選べばいいか迷いますよね?

塗料の種類や耐用年数など様々あります。

何がどう違うのか説明を聞いてもさっぱりになるかと思います。

簡単にまとめさせて頂きました!

外壁塗装は塗料の選び方で耐用年数が変わる?

結果から・・・・塗料で耐用年数は変わります!

外壁塗装の塗料の種類や性能は様々ありますが、初めての外壁塗装の時にはできるだけ良い塗料を選ぶことが大切になります。

耐久性が高い塗料を選ばないと、すぐに塗替えや補修が必要になります。また、外壁塗装も屋根塗装も何回も塗装の上乗せができるわけではなく、屋根2回・外壁3回程度になります。2回目以降の塗装は、1回目の塗装に上書きしていく事になります。

なので、1回目の塗装が家を長持ちさせる秘訣になります。

外壁塗装の塗料の種類と耐用年数

①アクリル・・・耐用年数3年~8年

②ウレタン・・・耐用年数5年~10年

③シリコン・・・耐用年数7年~15年

④フッ素・・・耐用年数12年~20年

⑤無機・・・耐用年数15年~25年

このあたりが現在の塗料の主流になってきています。

5つの塗料の特徴

①アクリル塗料の特徴

☛アクリル塗料は塗料の主成分がアクリル樹脂の塗料のことです。

最も安価な塗料になりますが、耐用年数が3年~8年程度の為、すぐに塗り直しなどのメンテナンスが必要になり、最近の外壁塗装では選択することが少なくなりました。

②ウレタン塗料の特徴

☛塗料の主成分がウレタン樹脂となります。やわらかい素材なので密着性が高く、細かいか箇所や湾曲している面にも対応ができます。

モルタルや鉄・アルミ・コンクリートなどとの相性も良く、弾力性があり伸縮します。ただ、耐用年数が5年~10年程度と比較的短くなり、あまり外壁塗装では選択されません。

③シリコン塗料の特徴

☛塗料の主成分がシリコン樹脂となり、耐久性・耐水性・費用のバランスが良く、総合的に住宅にかかるコスト削減が可能です。

耐用年数も7年~15年ほどと長持ちする塗料になります。

外壁塗装では多くのお客様が選ぶ塗料になります。

④フッ素塗料の特徴

☛フッ素塗料はフッ素樹脂を使った、耐熱性・耐寒性が高く耐候性塗料として現在の主流になっています。耐用年数が12年~20年程度と長い塗料になります。また紫外線や酸性雨などにも強さを発揮し、汚れが付着しても雨と一緒に汚れを落とします。ただ、価格は高くなります。

屋根はフッ素・外壁はシリコンというパターンのお客様が非常に増えてきています。

⑤無機塗料の特徴

☛無機塗料は無機物(鉱物)を主成分としている塗料になります。有機物によって引き起こされるチョーキング現象や色褪せに強く、無機をしようした塗料であれば外壁が汚れにくいという利点があります。ただ、無機は固くひび割れがしやすいので、無機塗料と呼ばれている塗料は配合最低ラインの樹脂と混合したタイプの塗料となります。

無機塗料を好んで使用するお客様はあまり多くありません。

 

外壁塗装の塗料には上記で記載した以外にも違う塗料がありますが、最後はどんな塗料であれ、誰が塗るかが非常に重要になってきます。

今後のご自宅のリフォーム周期と合わた塗料の選択が重要になります。

最低2社は相見積もりを取る様におススメします。

色武は建物診断&お見積りは無料でご対応させて頂いております。

是非お気軽にお問合せくださいm(__)m