シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 外壁塗装の見積書を理解する必要はあるの??

外壁塗装の見積書を理解する必要はあるの??

お役立ちブログ 2021.02.02 (Tue) 更新

こんにちは(^^♪

埼玉県朝霞市・和光市を中心に地域密着型で外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修繕・防水工事をおこなっている株式会社色武です。

外壁塗装や屋根塗装を行う際には、必ず見積書には目を通す事になります。その見積書を理解するメリットを今回はお伝えさせて頂きます。

ずばり「外壁塗装の見積書の見方」です。細かく見積もり書に何にどのくらいの金額がかかるのか明記してくれる場合もありますが、業者によっては合計金額だけ出して詳細はざっくりとしか書かれていないという場合も少なくありません。

 

見積書は業者が使う材料や工程を確認できるポイントでもあるので、後々のトラブルを防ぐために施工前にしっかりと確認するべきなのです。
そこで今回は外壁塗装の見積もり書を理解することでどのようなメリットがあるのかということについてお話していきます。

 

■必要な作業が工程に含まれているか確認できる
外壁塗装は、ただ単に外壁にペンキで色を塗るだけの作業ではありません。事前に足場を組んだり、高圧洗浄をして外壁をきれいにしたり、養生作業を行ったり、必要な作業がたくさんあるのです。見積書に具体的な工程が明記してあると、これらの作業をもれなく施工してもらえるのかの確認することができます。
見積書に記載がない場合や○○一式とぼやかして書いている場合は事前に「○○一式とありますが、詳しく教えていただけますか?」などと、聞いた上で口約束ではなく、見積書を作り直してもらって書面に残しておきましょう。

 

■複数社に見積もりしてもらうことで相場がわかる
見積書の見方がわかると、複数社に見積もりしてもらった際に、外壁塗装の各工程の相場を把握することができます。もちろん高額な価格を請求されている場合は高い理由を聞くべきですが、大切なのは相場より安すぎる価格で見積もられている場合です。
安すぎる場合はなぜ低価格が実現できているのか質問してみましょう。例えば楽塗では足場の価格が相場より安くなっていますが、一般的な塗装業者が委託しているところを自社で施工しているため安さを実現できているのです。
このようにきちんとした理由がある場合には安い方がいいですよね。納得いく価格で納得いく施工をしてもらえるよう、相場を知って気になる箇所を指摘してみてください。

 

見積書の見方を理解するメリットについてお分かりいただけたでしょうか?
契約書にサインして、施工が始まってしまうと思っていたのと違ってもどうすることもできません。トラブルを防ぐためにも事前の見積書の段階で細かな部分まで確認をしておきましょう。

建物のことで、お困りごとがございましたら是非色武まで!!

建物診断&お見積りは無料で作成させて頂きますm(__)m