シキブログカラー館イロドリの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 【朝霞市】外壁塗装でサイディング?サイディング壁のメリット…

【朝霞市】外壁塗装でサイディング?サイディング壁のメリット・デメリットについて❕

お役立ちブログ 2021.12.03 (Fri) 更新

こんにちは!

朝霞市を中心に外壁塗装・屋根塗装を行っている色武&カラー館イロドリです^_^

 

さて、本日は「サイディング壁のメリット・デメリットについて」をお話していきたいと思います。

皆さん、外壁の種類でサイディング壁という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

サイディング壁とは、板状の外装材で、建物の骨格に合わせて貼り付けるもののことを言います。

窯業系、金属系、木質系、樹脂系の種類があります。

他の外壁材に比べて簡単に施工できるため、人気が高い外壁塗装方法の一種です。

次に、サイディング壁のメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

 

【サイディング壁のメリット】

サイディングボードを用いて塗装されるサイディング壁は、壁の基材部分にボードを貼り付ける手法で行われるため、塗装工事にかかる時間が短くて済むのが特徴です。

また、工場生産のため熟練の職人でなくても容易に施工作業が行え、デザインを決まった柄から選択するので、出来上がりがイメージしていたものと異なることが少なく、品質も安定しています。

デザインには、タイル調、石貼り調、木目調など素材の種類も多種多様となっています。

そして、耐火性、耐久性に優れているのも大きなメリットとして挙げられます。

 

【サイディング壁のデメリット】

サイディング壁のデメリットは、メンテナンス費用が高く付くことです。

サイディング壁は、サイディングボードを始め、ボードとボードの間を埋めるコーキング材や塗装に使われている塗料など使用されている素材の種類がたくさんあります。

そのため、定期的にメンテナンスを行う際には、素材の劣化にそれぞれの対処が必要になるため、結果的に費用が高額になってしまうケースがあります。

また、サイディングボードは既存のデザインから選択するため劣化したボードの取り換えの際には同じものが廃版になっていることも考えられます。

この場合は、ずべてのサイディングボードを張り替えなければいけないため、費用も高く付いてしまいます。

 

以上の様に、簡単にサイディング壁のメリットとデメリットをお話させて頂きました。

 

サイディング壁は既存の外装材を貼り付けるだけのため、施工が完了するまでに多くの時間がかかりません。

また、仕上がりについてイメージしていたものと大きく異なることがないため、心配する必要がないので、あまり時間をかけずに施工を終わらせたい方にはおすすめです。

その反面、メンテナンスにコストがかかるのが欠点と言えます。

 

色々な観点からお考えになり、ご自身に合った外壁材を選ばれるとよいのではないでしょうか。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

弊社ではお見積り・診断を無料で行っております。

何か気になる事がございましたらお気軽にご相談お待ちしております👀✨