シキブログカラー館イロドリの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 【朝霞市】外壁塗装は艶ありか艶消しのどちらがいいの❓艶調整…

【朝霞市】外壁塗装は艶ありか艶消しのどちらがいいの❓艶調整塗料

お役立ちブログ 2021.10.19 (Tue) 更新

こんにちは🙂

朝霞市を中心に外壁塗装・屋根塗装を行っております色武&カラー館イロドリです。

本日は艶調整塗料についてお話させて頂きたいと思います。

早速ですが、艶調整塗料には、3分ツヤ、5分ツヤ(半艶)、7分ツヤの3種類があります。

3分、5分、7分というのは、通常の艶が出ている状態を10とした場合、どの程度まで艶を抑えているかというものです。

つまり数字が小さい3分ツヤが艶消しに近く、7分ツヤが艶あり塗料に近いものとなります。

 

 

【艶あり】

光の反射率が70%以上のものを指します。

塗装したての光沢感があります。

【7分艶】

光の反射率が55%以上、65%以下のものを指します。

艶感を通常の状態より少しだけ落とした状態です。実際に比較してみても通常の状態と比べそこまで差がある様には感じません。

【5分艶(半艶)】

光の反射率が30%以上、40%以下のものを指します。

艶感を半分以上落とした状態です。通常の状態と比較すると艶感は少し抑えられているような印象を受けます。

【3分艶】

光の反射率が10%以上、20%以下のものを指します。

艶感を通常の塗装の2~3割程度にした状態です。日当たりによっては塗装した感じがわかるかも知れませんが、かなりマットな印象です。

【艶消し(艶なし)】

光の反射率が5%以下のものを指します。

塗装後の艶感を無くした状態です。塗装後の状態も塗ったという感じはほとんど無く、落ち着いたマットな仕上がりです。

上記でお伝えした様に艶の調整をすることができるので、自分の思い通りの壁のイメージに近づけることが可能になります。

 

次にそれぞれのメリットやデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

 

【メリット】

・自分好みの艶にできる。艶があるかないかの2択だと自分の好みに合わない場合があります。そのような時、艶調整塗料であれば3つの選択肢があるので、微妙な違いを表現することができます。

・塗料の幅が広がる。様々な塗料で艶調整できるので今までだと選べなかった塗料を選択することができます。

ご自身の家の外壁に合ったベストな塗料を選択することができるので、理想のイメージにより近づけることができます。

 

【デメリット】

塗装をするのに技量を必要とするので、塗りムラや色のムラが発生してしまうことがあります。

塗料自体にも偏りがある場合があるので、注意が必要となります。

 

いかがでしたでしょうか?艶調整塗料の特徴を少しでもご理解頂ければ幸いです。

また、艶の感じ方は素材や色でも変わってきます。

濃い色や暗い色(黒、濃紺など)は、艶を強く感じます。逆に明るい色(白、ベージュなど)だと艶を感じにくくなります。

最後に、艶調整塗料をご自身で塗る場合は、塗料を塗る前にハンドミキサーなどでよく攪拌しておきましょう。

手作業だと上手く混ざらない場合があるので注意が必要です。

一方、業者に頼んだ場合は、艶のムラがないかどうかよく確認して頂ければと思います。

弊社では、見積りを無料で行っておりますので、何か気になることやご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください。