シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 【朝霞市】悪徳業者の手抜き塗装の特徴《その2》

【朝霞市】悪徳業者の手抜き塗装の特徴《その2》

お役立ちブログ 2021.08.26 (Thu) 更新

こんにちは!朝霞市を中心に外壁・屋根塗装を行っている色武です(^^♪

 

前回に引き続き、悪徳業者に引っかからないようにするために、悪徳業者の特徴についてお話ししていきたいと思います💡

 

外壁・屋根塗装工事を行う際に、高圧洗浄は大事な工程の一つになります。

しかし、高圧洗浄をしっかりと行ったのかそうでないのかを見極めるのは難しいので、悪徳業者によって手抜きされやすい部分の一つです。

 

高圧洗浄における手抜きの特徴の一つが、高圧洗浄の圧力が不十分だというものです。

外壁や屋根に長い期間をかけて、こびりついた汚れやコケ・藻などはブラシでこする程度では落とすことができません。

 

汚れなどが残っている状態では、どんなに良い塗料を使用して塗装をしても、すぐにカビが生えてしまったり、塗料が膨れてきたり、剥がれやすくなってしまったりと、見栄えが悪くなってしまいます。塗料の性能を十分に発揮させるためには塗装する下地をしっかり綺麗にする必要があるのです。

 

高圧洗浄の機械は、圧力を使って洗浄をするため、かなり強い威力があり、威力が強ければ強いほど、値段も上がりますが、もちろんその分効果も高いのです。

 

しかし、悪徳業者の場合は、高い費用をかけて機機械を購入せず、家庭用などの比較的費用のかからない機械を購入して、高圧洗浄をしていると謳っている場合があるので注意が必要になります。

水圧の弱い高圧洗浄の機械を使用して、こびりついてしまった汚れを落とすことができないのであれば、せっかく業者に頼んだ意味がありませんよね。実際に業者が使用している高圧洗浄の機械の機種を確かめておくと良いですね。

 

また、悪徳業者の特徴として、高圧洗浄後に乾燥時間をとらないことがあります。

 

高圧洗浄後は、洗浄剤や水などで外壁が濡れた状態になっています。

濡れたままの状態で塗装をしてしまうと、塗料と外壁の密着度が弱まり、塗料が剥がれやすくなったり、塗料が持つ耐久性を弱めてしまいます。

乾燥には、48時間ほどの時間が必要とされています。季節によって異なりますが、最低でも1日以上の乾燥時間をとらない場合は、工程表を確認の上、注意する必要があるでしょう。

 

また、そもそもの高圧洗浄を行わない業者も中にはいます。

昔ながらの業者の中には、高圧洗浄に否定的な業者もいますが、ブラシやサンドペーパーなどでは汚れを落とすことができません。高圧洗浄はブラシなどで汚れを落とすよりもはるかに効果的なので、見積書を確認する際に高圧洗浄の有無をしっかりと確認しましょう。

 

高圧洗浄をする際の費用は、一平方メートルあたりの単価で請求される場合と高圧洗浄一式として請求される場合があります。

相場などは複数の業者から見積もりを取ることで比較することが可能です。無料や極端に安い場合も注意が必要です。

 

弊社では、見積もりを無料で行っておりますので、ご不明な点やご不安なことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。