シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 【朝霞市】バイオ洗浄って…?

【朝霞市】バイオ洗浄って…?

お役立ちブログ 2021.08.19 (Thu) 更新

こんにちは♪朝霞市を中心に外壁・屋根塗装を行っている色武です(^^)

 

「バイオ洗浄」という言葉をご存知でしょうか?

外壁や屋根を塗装する際に、事前に必要なのが「洗浄」です。洗浄を行い、汚れなどを取り除くことによって塗料を剝がれにくくすることができます。

 

外壁は素材によって異なりますが、基本的に劣化することで粉が出てきます。これを「チョーキング現象」と呼びます。

これをそのままにした状態で上から塗料を塗ってしまうと、塗料が剥がれる原因になってしまうため、事前に洗浄をすることは非常に重要なのです。

また、外壁などは常に雨や風にさらされているため、菌やカビなどが繁殖しやすい環境にあり、これを取り除かずに新たに塗装をしても塗料の下で菌やカビが増殖していきます。

十分な洗浄を行わないということは、外壁などに悪影響を与えるだけではなく、不衛生でもあります。

 

上記で述べたように洗浄をして汚れなどを取り除くことは非常に意味のあることなのです。

 

洗浄には、「高圧洗浄」と「バイオ洗浄」の二種類があります。

バイオ洗浄は高圧洗浄とは違い、オプションとしてすすめられることが多いので、聞いたことがない方も多いかもしれません。

 

高圧洗浄のみでは汚れは落とすことができても、菌やカビなどを落とすことはできません。

通常の高圧洗浄では凸凹のある外壁材ではまんべんなく高圧の水をあてるのは難しいですよね。

 

バイオ洗浄であれば、高圧の水が届きにくい場所や頑固にこびりついてしまっている汚れにも、洗浄剤を浸透させ、はがれやすくすることができるので、洗い残しを最大限に抑えることができます。

また、菌やカビ・コケなどを下地から落とすことで細菌を減らすことにつながり、塗装をした後も塗料の下が衛生的になります。

菌やカビ・コケがほかの汚れと違うのは、洗い残しなどがあった際に残ったカビ・コケなどが再度増殖してしまうのです。そのため上記のような菌やカビ・コケなどは根こそぎ洗浄する必要があるのです。

 

しかし、高圧洗浄をする前にバイオ洗浄をすることは、必ず必要な工程というわけではないので、注意が必要です。

 

まず、バイオ洗浄がおすすめな場所は…

前述でもあるように、カビやコケによる汚染が多い場所というのが前提となります。

 

また、沿岸や川沿い、田んぼが近くにあるなどの湿気が多い場所

北面がジメジメとしていて、カビや藻の発生が多い場所

細かい凸凹が多い外壁材を使用していること

 

バイオ洗剤を散布する際には、どのようにして洗剤を散布するのかが重要です。

ローラーやスポンジなどを使用し、薬剤を塗ると工程や時間も非常にかかってしまうため、おすすめできません。

バイオ洗剤を使用するのであれば、高圧洗浄機を使用して散布できるものがおすすめです。

 

住宅に著しいカビ・コケなどがある方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

洗浄費用は上がりますが、上記に当てはまる方は効果が期待できます。

薬剤を使用するため、本当に必要かどうか、安全面はどうか、しっかりと業者と相談して判断してみてください(^^♪