シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 高圧洗浄でチェックしたいところ(朝霞市 外壁塗装)

高圧洗浄でチェックしたいところ(朝霞市 外壁塗装)

お役立ちブログ 2021.03.10 (Wed) 更新

こんにちは色武です♪

埼玉県朝霞市周辺の外壁・屋根塗装なら当社にお任せ下さい!(^^)!

 

さて、今回は下地処理の重要性でもお話しした高圧洗浄についてです。

高圧洗浄とは、勢いよく吹き付ける水の圧力を利用して汚れを洗浄することです。
業務用のものもあれば、家庭で使用できるものも販売されています。
外壁塗装を行う場合には、高圧洗浄で外壁に付着している汚れを洗浄することが大切です。
ただ、やみくもに高圧洗浄を行えばよいと言うわけではなく、その際には様々な点にチェックする必要があります。

まずは期間です。
高圧洗浄自体は短時間で済みますが、洗浄後は2日程度の乾燥期間が必要となります。
しっかりと乾燥させないと、水気を払うことが難しいためです。
水気が残っていることがカビの原因となる他、塗膜の膨れが発生することもあります。
ですから、しっかりと時間をとって乾燥させることはとても重要なことです。
よってこの乾燥期間も含めて、作業日数を考慮する必要があります。

次に、汚れの種類です。
高圧洗浄は、確かに洗浄能力が高い方法ですが、全ての汚れに対して有効だと言うわけではなく、

落とせない汚れもあると言う点も頭に入れておく必要があります。
水圧で汚れを剥がして落とすと言う構造なので、例えばこびりついた油性の汚れに対しては分が悪いです。
この場合は、スチーマーなどで熱を加えてから落とすことが望ましいです。
また水あかに対しても相性は悪いと言われています。

それから外壁塗装の状態も、事前にチェックしておきたい点です。
コーキング材がボロボロならコーキング充填を先に行うことが求められます。
剥がれたコーキングが白い粉状になって手指に付着するような状態であったり、

あるいはクラッキングと呼ばれるような細かなひび割れが発生したりしていた場合も同様です。
その状態で高圧洗浄を行うと、状態がますます酷くなってしまう可能性もあります。
またクラッキングから水が浸入する恐れもあります。
高圧洗浄を利用する場合は、洗浄する対象の状態が良好であることが求められます。
​以上のことを念頭に、業者は計画を立てているはずですが

念のため、お客様ご自身でもご確認されると安心ですね(^^♪