シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > 防汚コーティングをご存知ですか?

防汚コーティングをご存知ですか?

2020.11.17 (Tue) 更新

埼玉県朝霞市・和光市・新座市で外壁塗装・屋根塗装を専門に行っている色武です。

本日は防汚コーティングについて皆さんにお伝えできればと思います。

 

外壁に防汚コーティングを施すことができるのは、ご存知でしょうか?
あまり知られていないことかと思いますが、このコーティングを行うことによって外壁の美しさを長持ちさせる効果があります。
では、防汚コーティングとはどのようなものなのでしょうか。

 

 

防汚コーティングには、親水性撥水性の2種類があります。
それぞれの特徴を紹介していきます。

 

 

まずは、親水性の防汚コーティングです。

親水性とは、文字通り水になじみやすいということです。
そのため、雨水が流れやすく、外壁に付いた汚れも流れやすくなっています。

 

また、光触媒塗料とは異なり、紫外線の有無に左右されることはありません。
つまり、雨がふるだけで汚れが落とされていくということです。
その他にも、下地へのダメージが少なかったり、見た目を変えることのないことが特徴と言えるでしょう。

 

 

次は、撥水性の防汚コーティングです。

撥水性のものは、水を引き寄せず、弾くことが特徴です。
そのため、雨水を水玉状に弾きます。しかし、汚れが流れにくくなるため、水玉の形に汚れが残ることが多々あります。
このコーティングでは、汚れそのものを外壁に染み込ませることがありません。
また、撥水するため、防水機能も期待できるコーティングだと言えるでしょう。

 

また、外壁に防汚コーティングを施すことで、外壁の中に汚れや雨水がしみ込みにくくなります。

その結果、外壁自体の耐久性を上げ、内部構造への影響も軽減させることができます。

外壁の強度が上がると、メンテナンスや修繕を行う機会が減り、費用の削減も期待できるでしょう。
この工程は、外壁塗装が終わってから塗装の上に行うものなので、外壁の塗膜を保護する効果も期待できるのです。

 

 

防汚コーティング自体は、決して安い工事とは言えないでしょう。
しかし、メンテナンスの費用や修繕を行う際の工事費を考えると、安くなるのではないでしょうか。

ぜひ、メンテナンスが減る、修繕の心配が少なくなる防汚コーティングを施してみてはいかがでしょうか。