シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > 外壁塗装と地震

外壁塗装と地震

2020.05.26 (Tue) 更新

こんにちは(^^♪

埼玉県朝霞市を中心に外壁塗装・屋根塗装を専門におこなっている専門店!色武ですm(__)m

さて、今回は外壁塗装と地震の関係を少し見てみたいと思います。

日本は地震大国と呼ばれてますね・・・

ここ最近も小さな地震が何件か発生してますが、首都直下や東海とは関係はないみたいですが、地震は不安ですね。

住居の地震対策として一番有名方法は、屋根を軽いものに吹き替えたりなど、耐震工事などでしょうか?

あれ?外壁塗装と地震の関係性ってあんまりないんじゃないの?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

いやいやちょっとまってください!!

外壁の塗装工事も地震対策に間接的に働きかけるのをご存知でしょうか?

あれ?間接的なの・・・

スイマセン・・・間接的です。でも結構大事な事なんです。

でも物理的な耐震工事ではないです・・・

 

外壁の塗装が劣化すると防水性能が失われ、雨水が浸入する事とは前のブログで少し説明してます(こちらのブログです☆

家や外壁の劣化は地震の揺れに対する耐久性を下げてしまいます。

つまり・・・外壁塗装は地震対策にもなるんです!!(間接的です)

 

ではどんな塗料が地震対策になるんでしょうか?

 

簡単に見ていきましょう!!

 

それは建物のひずみに応じて追従する塗料です!!

 

木材やサッシ・サイディングなどの建物の建材は、気温や環境の変化に応じて膨張したり縮小したります。

また振動や揺れよって建物は縦横に動きます。その時に必要になってくるのが塗膜の伸びです!!

建物の揺れに応じて伸びたり縮んだりする塗料があります。

 

硬い塗料で外壁を塗装してしまうと、家が揺れた時に割れやすくなったりします。

その反対に伸縮性能のある塗料で塗ってあげると、比較的割れにくくなります。絶対に割れないわけではありません。

 

ただし気を付けてないといけない事もあります。

それは・・・・詐欺です。リフォーム詐欺って意外とあるんです(´;ω;`)

特徴を逆手にとったリフォーム詐欺がある事を覚えておいてください。

特に、地震が発生した直後や大震災の直後に増えます。特にこんなワードはには注意してください!

「どんなに揺れてもこの塗料なら大丈夫」

「震度何以上でも絶対落ちません」

とかです。

地震対策を行うポイントは、外壁自体の強化、外壁の塗膜性質、塗料の特性、そして建物全体の劣化を踏まえ、行うという事です。

外壁塗装で伸縮性のある塗料をご検討の方、是非一度色武にご相談ください。

色武は塗装職人の会社ですので、営業トークが周りの会社さんに比べ、得意じゃないのですが・・・(´;ω;`)