イロドリブログカラー館イロドリの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > イロドリブログ > お役立ちブログ > 【朝霞市】雨漏りのお話  

【朝霞市】雨漏りのお話  

お役立ちブログ 2024.06.17 (Mon) 更新

こんにちは!カラー館イロドリです🐣

最近は雨が降る日も増えてきて、段々梅雨に近づいてきましたね。

今日は雨漏りについてお話ししていきたいと思います!

 

ここ数年、気候の変化から日本でも海外のスコールのような夕立ちやゲリラ豪雨が起ることも少なくありませんよね☔

台風や梅雨、秋雨など、雨の時期で心配になるのが屋根の雨漏りです。

雨漏りを放置してしまうと、建物内部に湿気が溜まり生活に支障をきたすほど酷くなってしまいます。 

建物の変化に気が付いたら早めの対処をすることで結果的に大切なお家を守ることに繋がります!

事前に雨漏りの原因と対処法を知っておくことが大切です⚠️

 

 

雨漏りの原因とは

実は雨漏りの正確な原因を突き止めるのは非常に難しいです!

屋根を伝って滴り落ちてきた雨が壁の欠損個所から侵入してきた場合、その侵入個所と内部で沁みができてしまっている箇所が離れている場合も多いです。

外から見ることができないため、欠損個所を特定させるのは困難です。

さらに滴り落ちた箇所はあるにも関わらず、外部にも内部にもどこにも欠損個所が見つからず、実は雨漏りではなく漏水または結露が原因だったというケースもあります👀

雨漏りが発生してしまう主な原因として、考えられるものは大きく2つ挙げられます。

 

2つの原因

◊屋根や外壁の塗装が劣化

び割れ(クラック)が発生し、そのひび割れから水が侵入してしまうというパターンです❕

ひび割れも0.3㎜程度の小さなもの(ヘアークラック)の時点で早めに対処をすることができれば、塗料を塗るだけで対応できます😊

ですが、ひび割れを放置してしまうと小さなひび割れを中心に大きくなってしまいます。

大きくなってしまったひび割れは補修などの大掛かりな作業が必要となり作業価格も高くなってしまうので、小さいひび割れだからといって見逃さず注意が必要です⚠️

 

◊地震や台風などの自然災害

自然災害の振動や住宅に起こる摩擦によって家の構造部がズレてしまいひび割れが起こり、そこから雨漏りするというパターンです❕

外壁のひび割れだけではなく、屋根瓦がズレてしまうことによって屋根から雨漏りが発生する場合もあります。

地震などの後に家の外壁にひびが発生してしまった場合は、屋根部分の不具合も発生しているケースが多いので、一度専門家に見てもらいましょう🌸

 

 

専門家に屋根診断を依頼するメリット

1番は雨漏りの原因が正確にわかり、適切な処置を行うことができるということです😊

たとえば、地震による屋根瓦のズレだけが雨漏りの原因なのにも関わらず、一から屋根を張り替えたりしてしまうと、無駄な修理になってしまいますよね。

屋根や外壁は家を守ってくれている反面、一年中紫外線や雨風にさらされています💦

メンテナンスを行わずに放置してしまうと、外壁そのものにダメージが加わったり家を支える柱が腐ってしまったりと

家の寿命が一気に短くなってしまうので定期的なメンテナンスが大事です✨

近頃はDIYが流行っていることもあり専門業者に頼むと費用も少なからずかかってしまうので、自分で修理をしようとする方も増えてきています。

もちろんご自分で修理できないこともありませんが、あまりおすすめはできません😞

高所作業が危険なのはもちろんですが、防水テープやコーキングのやり方が雑だと雨漏りの症状がひどくなるケースもあります。

自分でやってみたけど、上手くできなかったということでご依頼をいただくことも少なくありませんので、お困りの際はお気軽にご相談くださいね🎵

 

 

雨漏りしやすい場所とは?

♦屋根

雨漏りの場所として1番多いのが屋根からであり、最も雨漏りのイメージがある場所だと思います☔

屋根からの雨漏りは水滴が天井上から落ちてくる場合が多いので、生活の中で1番気が付きやすい場所の雨漏りです。

 

♦窓

窓、サッシの周辺部分の雨漏りは、窓と壁の間に隙間ができていることで、起こるケースが多いです。

窓の周辺にカビやコケが発生している場合は塗膜の劣化が見られ雨漏りが起こっている可能性があります。

雨水の侵入がないかをチェックしてみましょう☝

 

♦屋上

一般の家庭では屋上は少ないですが、集合住宅といわれるマンションやアパートの最上階では屋上から雨漏りすることがあります。

屋上はコンクリートの上に防水工事を行うのですが、経年劣化によるひび割れなどが発生すると水が内部に侵入してしまいます😞

 

♦ベランダ

家から飛び出ているため雨や風を受けやすく家の構造部に直結している場合もあります❕

ベランダの排水口が詰まっていると大雨が降った時に水が溜まり、溢れどこも破損していないのにも関わらず室内に水が侵入することもあります。

また、防水処理が傷んだりひび割れしたりしてしまうと、水が侵入し外壁を伝って雨漏りの原因になることもあります⚠️

 

♦壁

雨漏りは屋根だけだと思われていた方には意外な場所に感じるかもしれませんが、ひび割れがひどくなった壁からも雨漏りが起きるケースがあります。

特に台風などの大雨や暴風雨の際に起こりやすい雨漏りです💦

外壁のメンテナンスを定期的に行っていないと、クラック(ひび割れ)がひどくなってしまい、結果的に壁からの雨漏りに繋がってしまいます❕

 

♦その他

上記の他にも、傷んだ笠木部分などから雨水が侵入することがあります。

基本的には隙間やひび割れがあれば必ず雨は侵入してしまうと考え、早めに補修をするのが良いでしょう◎

 

 

雨漏りの修理方法

♦屋根

屋根に雨漏りが発生している場合は、大雨が降った際に家の内部に多量の雨水が侵入してしまいます😔

そのため大掛かりな作業が必要になった際は、取り急ぎブルーシートなどで雨をしのぐ方法をとります。

屋根材のひび割れを直したり、瓦のズレを直したりと比較的簡単な作業で屋根の雨漏りを防げる場合はすぐに修理に取り掛かった方がよいでしょう🌟

 

♦窓

窓に雨漏りが発生している場合は、窓枠と壁との間の劣化を修理するというものです。

窓枠と壁の間のコーキング材が劣化してしまっている場合コーキングのみを交換する方法がとられますが、窓と窓枠にズレが生じて隙間が生まれてしまっている場合は、窓ガラスごとの交換になります。

また、窓から雨漏りが発生してしまっている場合は窓周りの壁も劣化してしまっている場合があるので、周辺の壁の修理も同時に行うケースが多いです😌

 

♦壁

壁に雨漏りが発生している場合は、コーキング材でひび割れ部分を埋めるという方法があります。

雨漏りするほどのひび割れの場合、既に外壁自体が劣化しているという可能性が考えられますので、外壁の劣化が全体的に見られる際には外壁塗装を検討してみてもよいでしょう😊

 

 

カラー館イロドリでは雨漏りの診断も無料で行っておりますのでお気軽にご相談くださいね(^^♪

お客様に合ったご提案と、プロによる無料の診断を行い理想の塗装工事のお手伝いをさせていただきます✨

イロドリでは安心安全、丁寧な施工を心がけています😊

ご相談 見積もり 外壁診断 雨漏診断 無料です

お気軽にお電話でご相談ください!!

0120-151-611電話受付 8:30~19:30(年中無休で営業中!)

メールフォームはこちら

カラー館イロドリ

埼玉県朝霞市西弁財2-6-27安部ビル2

TEL:フリーダイヤル 0120-151-611

電話受付 9:0017:30

年中無休(お盆・年末年始除く)

〜エリア〜

埼玉県朝霞市・和光市・志木市・新座市

その他の地域もぜひお気軽にお問い合わせくださいね✨

 

弊社では、外壁診断や雨漏り診断無料でおこなっております!

建物の劣化状況や雨漏りの原因をしっかりと突き止めます🌈

色褪せやヒビ・コケなどの外壁トラブルや、雨漏りを発見した場合など豊富な診断・施工経験をもつ診断員がお客様の大切な建物を

診断・調査を行いお悩みの原因や外壁トラブルを解決します

ショールームもございますので、お気軽にお越しください⭐️✨

外壁塗装/小工事に関するお問い合わせはこちらからどうぞ!

お名前必須 例)山田 太郎
電話番号必須 例)00-0000-0000
メールアドレス必須 例)info@xxxx.com
お問い合わせ・ご相談内容任意
個人情報のお取扱いについて 個人情報のお取扱いに関する詳細はこちらをご覧下さい
 個人情報のお取扱いについて同意する

送信前にご確認ください

  • ●各項目にご記入のうえ、「入力内容を送信」ボタンを押してください。
  • ●「必須」のついた項目は必須項目となっております。
  • ●お問い合わせ内容により、ご回答するのに日数を要する場合もございますので、予めご了承ください。
  • ●お問い合わせ完了後、弊社より自動返信メールが送られてきます。もし、自動返信メールが届かないという場合がございましたら、入力されたメールアドレスに誤りがある可能性がございますので、一度お電話いただければ幸いです。