シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 外壁塗料ってどのくらい長持ちするの?

外壁塗料ってどのくらい長持ちするの?

お役立ちブログ 2020.09.25 (Fri) 更新

こんにちは(^_^)/

朝霞市を中心に外壁・屋根塗装を行っております色武です。

今回は外壁塗料の耐久性のお話です♪

 

外壁は家の顔ですよね。常に美観を保つことが大事かと思います。

外壁に汚れや黒ずみなどが発生していたら、

見栄えが悪くなってしまい、家自体の価値が下がってしまいます。

 

また外壁は家の一番外側にあり、家全体を守る役割もしていますね(*^_^*)

汚れが付着すると、そこから劣化が進んでしまい、

建築資材にまで悪影響を与えてしまうことがあるので、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

外壁は新築の時はピカピカでも時間と共に劣化が少しずつ進んでいます。

劣化の原因は雨や風、紫外線、大気中の汚染物質が外壁に付着すること等です。

 

劣化を少しでも遅らせるためには、外壁に汚れが付着しないようにすることで有効になります。

汚れを付着させない方法として、外壁塗装が有効です。

ではその塗装に使われる塗料の耐久性はどのようになっているのでしょう。

 

外壁塗装に使用する塗料には、複数の種類があり、

一般的に広く使われているのがアクリル塗料やシリコン樹脂塗料フッ素樹脂塗料などです。

 

それぞれ耐久性や費用に違いがあり、

 

アクリル塗料は5〜8年ほどの耐久性になりますが、価格が他の塗料と比べて安いという特徴があります。

 

シリコン樹脂塗料は10〜15年で、アクリル塗料よりも耐久性は高いですが、価格が高いという特徴があります。

シリコン樹脂塗料は価格と耐久性のバランスがとれていることから、人気の高い塗料になっています。

 

そしてフッ素樹脂塗料は15年〜20年とかなり高い耐久性を持っていますが、他の塗料よりも価格が高いという特徴を持っています。

そのためフッ素樹脂塗料は一般家庭ではあまり使われることがありません。

 

これらの塗料の他にも、遮熱や断熱効果がある塗料や、紫外線に当たることで自浄作用がある光触媒塗料などがあります。

 

高機能塗料は耐久性が高くて頻繁に塗り替える必要がありませんが、その分、塗装費用が高くなります。

耐久性と価格は比例していますので施主様のご都合に合わせてお選びいただけたらと思います。

 

アクリル塗料などは他の塗料と比べて耐久性が低い部類に入りますが、

その分、塗装ごとに違った色の塗料を選ぶことで、家の雰囲気を変えることができます。

 

ずっと同じ色の外壁であれば飽きてしまうという場合は、

耐久性がさほど高くないアクリル塗料で色々な色を試して頂くのもアリだと思います。

 

頻繁に塗り替えをするのは面倒だというときは、

耐久性が高いシリコン樹脂塗料やフッ素樹脂塗料を選ぶようにすれば良いです。

 

 

                                     塗料の種類と塗替え時期イメージ

 

塗料の耐久性は紫外線が当たりやすい場所や雨が多い地域などは、そうでない地域に比べて劣化が早くなります。

お家の形状、環境によって耐久性も変わってきますが、

一般的には以上のようになっておりますのでご参考にしてみてください。

 

分からないことや気になることがあれば色武まで是非!(^^)!