シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > お役立ちブログ > 足場の単価相場ってどのくらいなの?

足場の単価相場ってどのくらいなの?

お役立ちブログ 2020.09.23 (Wed) 更新

こんにちは!!

埼玉県は朝霞市を中心に、外壁塗装・屋根塗装を行っている色武です。

ここ最近は猛暑が嘘だったかのように、涼しくなってきましたね。

ただ、現場ではまだまだ汗をかくレベルの暑さです。

もう少し涼しくなってくれると、体力的には楽になってきます!(^^)!

さて、本日は足場の単価相場のお話しをしようかなと思います。

というのも、外壁塗装や屋根塗装には絶対に、足場が必要だからです(^^)/

なので、どうしても外壁塗装や屋根塗装についてはどうしても足場代がかかってきます。

その適正な価格やなぜ必要なのかをしっかりと理解しておくことで、

今後お客様が外壁塗装や屋根塗装を行う際にのちょっとした知識にして頂ければと思ってます。

 

足場は住宅のメンテナンスに取って欠かせないものですが、費用の面からみるとその金額が非常に気になるものです。

ちょっとした外壁塗装や屋根修理などの際には、足場の費用が実際の作業費を上回るなんてことも少なく有りません。

 

多くの人は、何とかならないのかと思っていることと思います。

しかし、実際に工事を行う側にとっては足場を組まずに工事を行うことは非常に危険を伴う上、工事が中途半端に終わってしまうこともあります。

 

さらに、労働衛生に関する法律でも安全を確保して作業を行うことが義務付けられているため、足場を組んで作業を行うことは必要不可欠な事なのです。

 

その為、軽微な工事であっても足場の費用が見積りに含まれていることが多いのです。

ただし、中には足場が必要であるということを利用して法外な利益を上げようとする悪質な業者もいます。

そのため、足場の相場を知っておくことはこうした悪質な業者を排除することに繋がるので、ぜひ知っておいていただきたいものです。

 

 

足場の単価相場は、 一般的には1平方メートルあたり600円から1000円ほどと言われています。

良心的な業者であれば概ねこの金額の中に収まると言われています。

足場自体には単管足場や棚足場といった様々な種類があるため、一概にこの金額に入っていないからと言って必ずしも悪質な業者というわけではありませんが、

この単価相場に対して著しく高いようであれば、その根拠を確認してみることが必要です。

 

明確に答えられなかったり、詳しく説明しない場合には悪質な業者である可能性が高いものです。

また、この相場単価の中には、基本的に足場の組立と解体費用も含まれます。

見積もりの中でこれらの費用が分かれて表現されている場合にはすべての合計と相場価格を比較してみることが大切です。

 

特に、業者さんの中には足場の組立と解体費用を人工と言われる、人件費として表現している場合もあるので注意が必要です。

 

 

本来足場は足場自体のレンタル費用と、これの組立と解体費用が掛かるものですが、

一般的にはこれらがすべて含まれた形で相場価格が算出されているので、この費用を分けて安く見せたり、

或いは人件費として他の作業費の中に含めて分かりにくくしてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

足場は安全を確保するために必要な物であり、またこのための費用も必要なものですが、

素人には分かりにくい業者が利益を上げやすいものでもあります。

 

足場の相場単価をしっかりと知っておくことで、悪質な業者に騙されることなく正当な工事を行うことが出来るのです。