シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > 外壁塗装のニオイ・・・体への影響は??

外壁塗装のニオイ・・・体への影響は??

2020.07.17 (Fri) 更新

外壁塗装は野外で行う工事の為、塗料のニオイなど近隣住民様に迷惑がかからないかと言った声をお客様からよくご相談を受けます🤔

 

さて今回は塗料のニオイについてのご説明をしてまいります。

 

外壁塗装をする際に、塗料を薄めるために溶剤塗料だとシンナーを使用する場合があります。

 

シンナーは独特なニオイがするため、苦手な方がほとんどだと思います(>_<)💦

 

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では悪影響が出てしまうかご心配になられるかと思います。

 

実際塗料のニオイは体へ悪影響を及ぼすのか??

 

外壁塗装の際に使用されるニオイのきついものはイソプロピルアルコール・メタノール・シンナーと呼ばれる

有機溶剤が使用されております。

 

その刺激臭を長時間吸い続けることにより、健康被害を引き起こす可能性があります。

※あくまでもここでの長時間とは一時的な時間ではなく、長い年数をかけて吸い続けたり、業務上使用する場合です。

 

そのため厚生労働省ではこれらの塗料を扱う仕事には

特殊健康診断、作業環境測定、作業主任者の選任が義務付けられております(@_@)

 

そういった健康被害にあわない為に、水性塗料を使用することで回避することが可能です🤔

 

水性塗料は比較的にニオイが少なく種類も豊富になってきているので使用しやすくなってきております(^_^)/

特にペットを飼われている方や、アレルギーの方、敏感な方は水性塗料にすべきか、溶剤系塗料にすべきか、ご相談ください。

 

使用する材料についてご心配な点などございましたら

どんどんご相談下さい((+_+))