シキブログ色武の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > シキブログ > 塗装には資格はいるの?

塗装には資格はいるの?

2020.06.09 (Tue) 更新

こんにちは。色武です。

埼玉県朝霞市を中心に地域密着で営業しております(^^)/

 

みなさん、塗装業を営むための資格や許可って必要あると思いますか?

実は、塗装業として営業するには資格も許可も必要ないのです。

驚きかもしれませんが、事実です。そのため、塗装業界に悪徳業者が多く存在するのでしょう。

 

 

では、塗装のための資格や許可・認可は存在しないのでしょうか?

いいえ、しっかり資格があります。一級塗装技能士・塗装工事業がそれにあたります。

悪徳業者を見分けるポイントとして、これらがあるかないかを一つのポイントとするといいでしょう。

 

 

一級塗装技能士とは、年に一度行われる難易度の高い国家資格です。

実務経験が7年で、初めて受験資格があります。

試験内容は実技試験と学科試験です。

ベテランの職人であっても難しいとされる一級塗装技能士は、合格率が50%前後で実務経験があったとしても勉強しなければ合格することができません。

ですから、一級塗装技能士の資格のある人は知識を経験も豊富な人だと言えます。

 

 

そして、塗装工事業は10年間の塗装業実績があり許可要件を満たした業者のみに許可されます。

5年毎に更新があり、許可要件を満たしていないと許可は下りません。

ですから、塗装工事業を持っている業者は安全である可能性が高いです。

 

 

また資格や許可ではありませんが、業者用の保険に加入している業者を選ぶことがおすすめです。

万が一はないことが一番ですが、近隣とのトラブル等が起きてしまっても、保険に加入していれば、そこから費用を出してもらえます。

業者の不備での被害でそれを保証してほしい場合、業者にお金がなくても保険会社から費用を支払ってもらえる可能性があります。

 

 

このように業者選びのポイントとして、資格や許可、保険などをその一つとしてもいいでしょう。

家の塗り替えは、どの塗料を選ぶかということも大切ですが、どの業者に施工してもらうのかの業者選びがとても重要です。

どんな良い塗料を選んでも、職人の腕が悪ければ耐久年数が短くなり早く劣化してしまいますし、

反対に腕の良い職人が施工すれば長い間しっかり持つ外壁になるからです。

資格や許可なども参考にしつつ、納得の施工をしてもらえる業者を選びましょう。